watako 日常と手しごと

手編みやお裁縫などの手芸、子どもについての記録

最近のこと。

こんにちは。

 

ずっと日常を書けないままでしたが、このブログは子供達への贈り物?の要素もあるので、やはり続けていこうと思い、振り返りながら記録します。

 

1月は、幼稚園の生活発表会がありました。

f:id:watako01:20200217213310j:image

始めは、年長さんによる宮澤賢治の『アメニモマケズ』の暗唱。

去年は、まさか長女が暗唱できるようになるとは思えませんでしたが、できるものですね!夏休み、一緒に覚える練習をしましたが、大人よりも早く覚えてしまいました!

子供の吸収力には本当に驚かされます。

 

長女、幼稚園最後の発表会の演目はライオンキングでした。

例年、年長さんはライオンキングなのかな?

去年も年長さんはライオンキングでした。

f:id:watako01:20200216214148j:image

壮大なステージで、皆が真剣に、役に気持ちを込めて演技をしているのが伝わりました。

2学期からずっと練習してきて、お外遊びはもっぱらライオンキングごっこ

役決めのときは何がどんな役か分からず適当に希望を出したらしく、結果、シンバのお世話役の鳥「ザズー」でした。

f:id:watako01:20200217100325j:image

練習が始まると、女の子ライオンのナラが良かったらしく、家では「かっちゅんはこどもナラね!つむはこどもシンバね!」と役決めをして、次女は強制的にこどもシンバをさせられていました。笑

 

しかし、ザズーの衣装も可愛くて、お世話係を立派に演じていて母さんは釘付けでした。

本当に成長したなぁ。。ありがたいことだなぁ。。

 

最後は、東北大震災の復興ソング『花は咲く』を手話で披露してくれました。

f:id:watako01:20200216214156j:image

曲の美しさもありますが、失われた命や子供達の未来に思いを馳せ、、母さんまた感動。。

年長さんともなると、指先の使い方までしっとりと表現できるようになっていてしんみりします。

 

次女は、おべんとうバスという演目でコアラ役。

f:id:watako01:20200217095825j:image

とっっってもかわいかった。

自分のバミリを見つけてはさっと直立し、野菜を選んでバスまで運ぶシーンでは練習でも毎回きゅうりを選ぶ次女です。笑

きゅうりのお漬物大好きだもんね!

 

今年は金曜日の開催で夫は仕事だったし、子供達二人とも出たので、園で作ってくれるDVDを購入しました!良い記念になります。

 

 

 

話は変わり。

今年もバレンタインは子供達との簡単手作り。

溶かして型に入れて固めるだけ&混ぜてレンジでチンするだけのやつ。。
f:id:watako01:20200216214321j:image

一応ラッピング。
f:id:watako01:20200216214306j:image

作業中、夫が帰宅し、椅子の上で飛び跳ねた次女が椅子ごと転げて目のキワキワを負傷。。。

本当にギリギリで、、、心臓が止まるかと思った。。。

咄嗟に助けてあげられずに、、ごめんよ、次女。。涙

目が無事で本当に良かった。。

じいちゃん助けてくれてありがとう。

 

 

先日は、夫が大好きなノリさんの作品展に行ってきました。
f:id:watako01:20200216214252j:image

確か、初日。


f:id:watako01:20200216214311j:image

真ん中のノリさんは作り物です。

リアル。


f:id:watako01:20200216214257j:image

個人的に好きなやつ。

配色がなんか好き。

 

f:id:watako01:20200217215714j:image

こんなタッチの描写もされるのですね!

才能。すごくセンスが良くてオシャレ〜!


f:id:watako01:20200217215719j:image

この絵は、ポスターが売られていたので買いました。

 


f:id:watako01:20200216214245j:image

段ボールで作ったエイリアン?達。

可愛かった。

 

f:id:watako01:20200217215747j:image

お菓子や薬箱のパッケージでも沢山のエイリアンたち。

こどもも楽しめる作品展でした。

 

 

最後に月一のお弁当記録。
f:id:watako01:20200216214249j:image

毎度中身は同じ。笑っちゃう程同じ。

ただ、オラフが可愛くできて自画自賛

 

 

 

ではまた!

 

 

 

 

 

父のこと。

ご無沙汰しておりました。

 

 

 

父が昨年9月28日に亡くなりました。

 

 

顔面麻痺で下がっていた口元の手術が終わって、退院して4、5日のことでした。

 

直接的な原因は心タンポナーデといって、心膜と心臓の間に水が溜まり、心臓が動けなくなるというものでした。

 

おそらく癌が心膜に転移したのだろうと。

 

亡くなる直前に顔の抜糸をしてもらい、綺麗な顔で棺に入ることができました。

 

 

 

少しずつ、父がいないことに慣れてきてはいますが、未だにもう会えないことが信じられません。。

 

 

 

父の全てに、ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

夏、終了。

こんにちは。

 

イロイロあった夏でしたが、子供たちには貴重な夏休み。

 

しんどい日もありましたが、楽しい日もあったので、写真を記録。

 

幼稚園に提出したカレンダー↓

f:id:watako01:20190906114107j:image

 

夏の記録まとめて↓

f:id:watako01:20190906114826j:image

Pick up!

◾︎時々仲良し。

◾︎家の中でごった返し。

◾︎上棟して、少しずつ進んでる。

◾︎ランドセル買いました。

◾︎次女、お股からお人形。w

 

お弁当も記録↓

f:id:watako01:20190906114044j:image

中身ほぼ一緒!笑

 

まだまだ姉妹ゲンカには悩まされますが、2人とも可愛い可愛い我が子。

 

体調崩した時は、子供たちに対し、完全に心が折れてしまい、反省の夏でした。。

 

愛情半分こではなく、一人一人に愛情100%で向き合いたいと思う今日この頃です。

 

 

 

父、癌の手術はできないので、それなら麻痺して垂れている口を上げる形成手術をするとのことで、18日から入院予定。

 

頭痛が続いているので、検査してもらうつもり。と。

 

母は安定しているが、足腰フラフラ〜(*_*)

な2人です。

 

 

 

 

 

父のその後。

こんにちは。

 

8月頭に肺の腫瘍を取る手術をした父ですが、手術自体は腹腔鏡手術で、1週間も経たずに退院して日常を送っています。

 

お盆開けに生検より詳しい病理検査が出るとのことでした。

 

お盆中は私もなるべく考えないようにしたかったのと、子供達を連れて行くとカオスなので、実家からは遠のいていました。

 

そして、結果を兄と父で聞きに行くと、肺癌は新しい別の癌という話だったのが一転、やはり耳下腺癌の転移だったようです。

 

そして、この父の耳下腺癌に効く抗がん剤は存在しないと。

 

ホルモン治療も使えないし、手術も出来ない。

気休めの抗がん剤はあるけれど、効果は期待できないと。

 

つまりナススベハナイと。

 

 

…。

 

 

ただ経過観察をして、症状が出たら対処していくことになるとか。

 

 

…。

 

 

は?

 

 

 

一気に病院への信頼感を失いました。

病院てなんなんだ。

無条件に信頼してた自分がバカみたい。

 

 

耳下腺癌は稀な病気だし、3年前に耳下腺癌の手術をしたのだから、その後再発がないか、全身経過を見るだろ、普通。

 

閉所を嫌う父がCTやMRIを嫌がったのもあるかもしれないけど、顔面神経切られて垂れた顔の形成手術の前に撮ったのは首より上だけだったとか?

 

は?

 

いや、本人嫌がっても、ちゃんと検査受けさせるでしょ。。

 

手術終わってからどうせ全身撮るなら、術前に撮りなよって。。

 

いや、術前に撮っても、全身広がってることには変わりないし、治療方法もないのだけど。

 

 

いや、その前に、3年前の耳下腺癌手術の後、定期的に全身検査していれば、再発をもっと早く見つけられたでしょうに。。

 

 

今更何を言っても変わらないし、何も出来ないのだけど。。

 

ただ、病院への信頼感は無くなった。

 

 

 

 

。。。平穏に暮らそ。

 

 

 

 

幼稚園の夏まつりで浴衣と甚平さん☆

f:id:watako01:20190824173050j:image

 

 

 

 

 

 

体調不良。

こんにちは。

 

 

 

最近、私は不調続き。

 

◼︎喉の異物感・息苦しさ

ずっと喉に何か詰まってる感じ。

すっごく気持ち悪いし、苦しい。

耳鼻咽喉科で所見は見当たらないと。

ついでに、副鼻腔炎も診てもらうと、副鼻腔炎は治っていました。

精神的なものでは?ということで婦人科で精神安定の効果がある半夏厚朴湯という漢方を処方されて飲んでいます。

でも、やっぱりストレスフルな時は上手く息ができず喉に違和感が出て苦しい。

喉頭異常感症というらしい。ヒステリー球ともいうらしい。…ヒステリーて、、、。梅核気とも。

自律神経を整える音楽というのがYou Tubeにあったので聴いてみると、、、効いた気が。

嘘のような本当の話。

ストレス感じるたびに、喉が詰まるので、その都度聴いているけど、、やっぱり効くみたい。

へぇ。。。

漢方より効く気がする。

 

 

◼︎抜け毛

シャンプーの時はげそうなくらい抜けてビックリする。

夫より先にはげそう。

ドライヤーのときも、すごい。

部屋に落ちてる毛量も、すごい。

産後より抜けてる。

生産が追いつかない。

 

 

◼︎不正出血

排卵出血?にしては量が多いし、、生理が2回来たみたいな。。とにかく婦人科へ。。

ホルモンバランスの乱れで月経頻発ではないかと。…ストレス?

念のため子宮頸がん検査も。結果待ち。

ピルのプラノバールを10日飲んでリセットしましょうと。

薬飲んで今は止まっています。

腺筋があるみたいだけど、痛みがないなら大丈夫でしょうと。様子を見て必要に応じて子宮体がん検査をしましょうと。

腺筋症、調べたら、酷くなるようなら子宮全摘しか完治はないみたい。閉経までもってくれるかなー。

 

 

厄年だからかなー。。

 

両親が癌になると、自分もいつかなるじゃ、、、と怖くなって、神経質になってるのもあるかと。

 

父が時折ピリピリしてるのが伝わってきて、ちょっと気を遣う。

 

父が母の言動にいちいちイライラして、その場面は見たくないからとりあえず母、空気を読むのだと、言いたくなるけど、言いたいことは最後まで言わないと気が済まない母に言葉を被せて制御してしまったり、、、。

 

長年連れ添えばお互い気を読むようになりそうなものだけど。

変なところでは気を遣うくせに。

腹の中で気を遣って、それが相手に伝わってなくて、お互い我慢してて、と、ややこしい。

大事に思い合ってるとは思うのだが、何故なんだ。

 

子供らの日常の喧嘩やイライラの相手も八つ当たりされるのもギャーギャー泣きわめかれるの疲れる。。夜泣きで眠れないの疲れる。

 

息が苦しいから一言も喋る気になれず、目を見ることも出来ない日があり、我ながら参った。

 

私に余裕がないと比例して子供らも目に見えて不安定になるのが分かっているのに。

 

 

 

諸々の原因はストレスっていうけど、、、。

今までだって今以上にストレス感じても身体だけはなんともなかったのに。たぶん。

歳か。厄年か。ヤワになったのか。

 

繊細なおばはんになりましたわ。

おほほ。

 

 

f:id:watako01:20190807183247j:image

 

 

精神不安定じゃ笑えんわ。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父、検査結果。

こんにちは。

 

父の鎖骨辺りのリンパと肺の癌細胞の検査が終わりました。

 

鎖骨辺りのリンパの方は、3年前の耳下腺癌の転移でした。

そして、肺の方は別の新しい癌だったようです。腎臓辺りのリンパの癌は、肺癌の転移かもしれないと。

 

つまり身体に2種類の癌が混在している模様です。

 

手術は出来ないって言ってたし(耳下腺がんの方)、例え手術と言われても断るー!と言っていましたが、「肺の分は別の癌だったのだから、とりあえず取りましょう!早ければ早い方が良いです。」と先生に言われたと。

 

そして手術は開胸ではなく腹腔鏡手術で負担が少ないからと言われ、先生・看護師・兄VS父の3対1で手術決定。

 

金曜にこの話があり、今週水曜に入院、木曜手術となりました。

 

肺の手術後は、抗がん剤治療となりますが、抗がん剤は2種類同時には打てないということで、耳下腺のリンパ転移にはホルモン療法をするそうです。

 

父は相変わらず飄々としていましたが、兄は笑顔を微塵も見せず、深刻な面持ち、、。

先生の話を直接聞いたらそうなるのも仕方ないか。。

父も、内心は不安だったり怖かったりするんだろうな。。

 

 

でも、、私は、目の前にいる癌の両親が笑っている間は笑っていよう。と、思う。

笑えなくなったら、、それでもなるべく穏やかに過ごせるようにしよう。

 

落ち込んだり深刻になると、病気に加勢する感じがするというか、負けてしまいそうな気がするから。

 

それに、この先一緒に笑える時間が限られてくるなら尚更。

自分の人生を振り返るとき、家族の落ち込んだ顔よりも笑った顔を思い出したいと思うから。

 

周りに深刻な顔されたら、現実に押しつぶされそうにならないか?怖くなるんじゃないか?と思うから。

 

なにより、本人達が明るい方が好きだから。

 

親が身体中癌に侵されて、笑ってるなんて不謹慎だと思う人もいるかもしれないけど。

 

私は明るく振る舞うことを選ぶ。

というか、それしか出来ないや。

強いからではなく、弱いからか。

暗ーい悲劇的な空気には耐えられない。

 

直接、先生の話を聞いてないので、その分、兄がクッション材になってくれているのだと思う。ありがとう。

 

 

治療は病院にお任せします。

 

家族にできることは、家事手伝いと気持ちを軽くすることくらい。

 

自分にできることを、頑張ろ。

 

 

f:id:watako01:20190729075813j:image

お姉ちゃんのお下がりを着た次女。

いつのまにかピッタリサイズだ👀

 

 

 

 

 

 

 

父のこと。

こんにちは。

 

家がスッキリして気分爽快!な父ですが、断捨離習慣中に、CT検査で引っかかり、PET検査を受けました。

肺とリンパと副腎に怪しい影があるとか。 。

 

結果は、複数の科をハシゴする為、母は自宅待機で、父と兄で聞いてきました。

 

結果、やはりガンでした。

肺と鎖骨辺りや副腎辺りのリンパに広がっていると。ポツポツというより、結構いっぱい。

 

肺から転移したのか、それとも3年前の耳下腺ガンが元なのか、、とりあえず、次はそれぞれ生検して、治療薬を決めるようです。

 

手術は出来ないらしく、放射線は耳下腺の時に最大量当てているのでもう照射できず、点滴か薬で経過観察することになるかと。。

副作用が軽いといいのだけど。。

 

そもそも、再発がないから顔の手術をしたわけではなかったのか?と聞いたら、うやら、数ヶ月毎に病院に行って経過を診てもらってはいたけれど、ここ1年は問診だけだったとか?

最後にCTを撮ったのは1年前?らしく。。

術前には検査しないのか。。

父が面倒がって受けなかったのかな。

こうなってから考えても仕方のないこと。。

←よくよく聞いたら、やはり術前にCTを撮ったけれど、その時は何もなかったとか?

じゃあ、術後の1ヶ月で急に再発して広がったの??

私は直接先生の話を聞かせて貰ってないので、話が二転三転してる。。

 

 

 

父も母も明るい人達なので、ショックは見せず、笑っています。

そんな中私が落ち込んでも、事を荒立てるだけというか、、、。

子供に泣かれると深刻になってしまったり辛く感じてしまうかも?と思い、ヘラヘラと受け止めました。

 

母は長年ガン治療をしていて、自壊創が酷くなったり少し良くなったり(抗がん剤の効き具合による)を繰り返している状態。

転移は、肺に出たり消えたり。

なので、母はリンパに広がっている父の病状に、「追い越された!」と悔しがる始末?!

とはいえ母も、もう最後の抗がん剤に差し掛かっているので、追い越されているわけではないと思うのですが。

 

母を見てきて、ガンが身近な分、父のガン告知はすんなりというか、あぁ来たか。。という感じです。兄や姉はどうかわかりませんが。

 

母は不幸中の幸いで、化学療法が身体に合っているようで、色々覚悟しながらも8年目なので、人って案外強いのかもと楽観視してしまっているというか、、感覚が麻痺しているというか。。

 

父は長年ハイライト(タバコ)を吸ってきているので、肺がんになっても驚けない部分もあります。。耳下腺が原発かもしれないけど。

 

ただやっぱり、一人になると、考えてしまうもので、、、。

でも、好きな事できないで長生きするより好きな事して人生を謳歌したい派の2人なので、仕方ないのかな。。と思ったり。

 

私にできる事をやるしかないので、、あまり落ち込まず、これからの状況を、一つ一つ受け入れていくだけ。。

 

悲しむのは、お別れのときにとっておこうと思います。

 

憎まれ口を叩きながらも、明るい2人。

喧嘩しながら仲良く同じ部屋で抗がん剤打つこともあるのかな。

 

 

少しでも長く、痛みや苦しみのない日々が続きますように。(2人とも、痛いのと苦しいのだけは嫌だ〜と言っているので。)

 

 

とりあえず、父のストレスが少しでも軽減したなら、やっぱり家が片付いて良かったぜ。 

 

 

 

ではまた!

f:id:watako01:20190709213756j:image