読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

watako 日常と手しごと

手編みやお裁縫などの手芸、子どもについての記録

娘の時の出産③

娘の時の出産②の続き〜入院中の記録です。

 

 

 


翌日には尿管抜いて、歩いてトイレに行くようにと。経過は順調な証拠。
痛みは時間が癒してくれる。

とはいえ、側から見てもヨレヨレだったそうな。

お腹をかばって、腰を曲げて点滴つけてヨロヨロしていれば、そう見えて当然。w

でも、強がってもそうしなければトイレに行けませんでした。

 

出産当日は緊急用の個室、次の日は大部屋でしたが、義両親達の勧めもあり、すぐに個室に移りました。

大部屋の一日は、痛みで殆ど覚えていませんが、部屋のすぐ隣にあるトイレが遠かった。。

 

お見舞いに来てくれる家族のことを考えれば、ゆっくりできる個室にして良かったです。

 


それから2、3日は、母乳をあげられなくて、胸が張りまくり、岩のように。
助産師さん二人掛かりで、乳腺開通&搾乳してもらい、、、痛くて痛くて、なんでこんなことに…という気持ちも合わさり、涙が出て来ました。

 

 


入院中は、3時間おきに搾乳したり、NICUにお乳をあげに行ったり(始めは上手くいかなくて大変(*_*))、家族がお見舞いに来てくれたり、産後の検査があったりと、意外に忙しい。

 

 


シャワーに浴びられたのは4日後位だったような、、、。

点滴は一時はずしてもらい、お腹の傷口にはテープが貼ってありました。
内側は溶ける糸、表面は退院前日に抜糸してもらった気が、、、。

私の退院は6日後だったかと。

 

 


NICUは、私と夫しか入れなくて、入院中は両親達に赤ちゃんを見せてあげられませんでしたが、産まれてすぐにNICUに搬送される際に少しだけ見せて貰えたらしいです。

 

 


娘はNICUにいる間、色んな検査を受け、検査後には物凄い泣き声で帰って来て、、胸が引き裂かれる思いでした。

ただ、あれだけ力強く泣ければきっと大丈夫だとも思ったり。。

 

 

 


私が退院する時は娘はまだ小さくて、検査も残っていたので、一緒に退院はできませんでしたが、一週間後には退院することができました。その間は母乳を届ける毎日。

 



エコーで謎の影と言われていたのは、結局はっきりとは分からず、おそらくS字結腸がすこし変形していて、そこの便が映ったのでしょうと。

 



なにかあれば小児科を受診するようにとのことで、無事娘も退院!
それから娘は大きな病気せず、スクスクと育ってくれています♡

 

 


f:id:watako01:20170228123934j:image




娘の時は、思い描いていた出産とは全く違いました。
本当に、何があるか分からないものなんだと実感。
特に大きなトラブルもなく順調な妊娠生活だった分、甘く見ていたのかもしれません。。



そんなわけで、今回の妊娠も、大丈夫大丈夫と自分に言い聞かせながら、不安も残るわけで、、、。

 

 


どうか、無事に出産を終えられますように。。
ただただ祈るばかりです。




妹ちゃんの出産で記憶がごっちゃにならないように書き留めさせていただきました。
長々ー!と失礼しました!!







にほんブログ村 - 人気ブログランキングとブログ検索